防災セット 口コミ ディフェンドフューチャー

自分と家族の命を3日間守るための防災セット

ディフィンドフューチャー

 

 

 

 

思い出してください!過去の大災害

 

1995年 1月17日 阪神・淡路大震災  M7.3 最大震度7

 

阪神淡路大震災

 

大都市直下を襲った大地震となった。
人口密集地で発生したため、多くの人命が失われ、建物や高速道路、
鉄道などの交通機関、電気・ガス・水道のライフラインへの被害も甚大であった。
近年の防災・減災対策の礎となった出来事。
非常持ち出し袋よりも、中身が充実した、防災セットの必要性がクローズアップ
された出来事だった。

 

 

2011年 3月11日 東日本大震災  M9.0 最大震度7

 

東日本大震災

 

大きな揺れはもちろんだが、その後の巨大な津波での死者・行方不明者と、
建物や道路などへの被害が大きかった。
死者の90.64%が溺死であったことを考えると、津波の恐ろしさが伺い知れる。
東京電力福島第1原子力発電所の事故を原因とする避難生活を送る人は今も多く、
地震と津波だけが被害を大きくしている原因ではない。
6年を経過した現在も、比較的大きな余震が続く。

 

 

2016年 4月14日 熊本地震  M7.3 最大震度7が2回

 

熊本・大分両県で震度7を2回記録するという、今までになかった地震で、
前震での大きな被害はなかったものの、その2日後の本震で甚大な被害を
もたらした。
最大震度7の揺れが続けて2度も発生するという、地震の専門家も経験
のない地震となったことも特徴の一つである。
本震発生後は、多くの被災者が公園や駐車場などの屋外で避難生活を
送った。
今も余震と思われる揺れは続いている。

 

熊本地震

 

 

他にも、近年大きな地震が発生しています。

 

2004年10月23日 新潟県中越地震  M7.0 最大震度7

 

 68名の人命が奪われた地震となった。
 東北地方から近畿地方と、広い範囲で揺れが観測された。
 走行中の新幹線が脱線した場面のほか、生き埋めになった
 幼児が消防士によって救助された映像が印象に残っている。

 

 

2005年 3月20日 福岡西方沖地震  M7.0 最大震度6弱

 

 福岡市の離島である玄海島付近を震源とした地震で、 玄海島の
 家屋はほぼ壊滅状態となり、福岡市内に避難所が設置された。
 警戒されていた、警固断層の海側半分がずれたことによるもの。
 残りの陸側半分が半分がずれる可能性と、隣接する日向峠・
 御笠木断層も、要注意の活断層として位置付けられた。

 

 

この様な災害が発生した事実と、お亡くなりになった方の思い出、
また、教訓は、今後も大切に語り継がなければならないことです。

 

特に、阪神淡路大震災では、発生直後から多数の大規模な
火災の発生、東日本大震災では、10mを超える大津波の
発生と、逃げる準備に時間をかけてはいられないことが証明
されました。

 

そんな時、政府がすぐに何でもやってくれると思うのは大間違いです。
他の自治体が、すぐに手を差し伸べてくれると思うのも大間違いです。

 

過去の大地震を思い出すと、空港は飛行機の離着陸が不可能に
なったり、高速道路や一般道路、鉄道は大規模損傷したり、
また被災地から出る車、被災地へ向かおうとする車で、周辺道路は
脇道まで大渋滞となります。

 

つまり、3日間は「物理的にどうしようもない」時間だということです。
ディフェンドフューチャーは、このような過去の大きな災害を教訓にして、
防災士が中身を揃えた防災セットとして、口コミで広がっています。

 

 

素早く避難するために

 

そこで、テレビやラジオからこんな放送があると、すぐに避難という行動を
起こす必要があります。

 

J-ALERT(全国瞬時警報システム) 実際の放送例
                                          出展:You Tube

 

一刻も早く安全な場所に避難するために

 

防災セットの準備を忘れずに!

 

 

預貯金通帳、印鑑、保険証、懐中電灯、乾パンを入れておくのが 非常持ち出し袋
3日間生きるためのグッズが入っているのが防災セット

 

 

避難情報に注意する

 

大きな災害が発生する恐れがある気象条件となった時に、気象庁からの予報をもとに
自治体より避難に関する情報が発令されます。
地震は前触れもなく襲ってくるため対応していませんが、梅雨や台風の季節には常に
テレビやラジオ、インターネットで情報を入手し、素早く対応できるように、避難情報を
正しく理解しておくことが必要です。

 

 

避難準備情報

 

人的被害発生の可能性が高く、事態の推移によっては避難勧告や避難指示の
発令に至る可能性が認められる際に、避難にかかる準備を始めるためのもので
あったが、要援護者に対しては、避難に時間を要するため、避難を開始することを
促すものとしている。

 

要援護者以外の方は、家族との連絡を取ったり、防災セットの準備をする時間に
充て、ご近所に一人暮らしのお年寄りや、体の不自由な方がいらっしゃる場合は、
声をかけて、避難を促す。

 

 

避難勧告

 

該当地域の居住社や滞在者の生命・身体を保護するために、安全な場所への
立退きを求める勧告。
対象者を拘束するものではないが、人的被害の発生確率が高まった状況のため、
通常の避難行動ができる人は、避難を開始しなければならない段階。

 

 

避難指示

 

避難勧告よりもさらに災害発生の危機が切迫した状態で発令され、「命令」と
同等の意味と効力を持つ。
避難勧告の段階で避難行動を開始していない人は、速やかに避難行動を
開始するか、命を守る行動をしなければならない。

 

 

 

指示に従う

 

自治体より、避難勧告や避難指示が発令された場合は、速やかに指示に従いましょう。
お年寄りや体の不自由な方は、消防団や近隣の皆さんに助けを求めましょう。
また、避難指示の場合、指示に従わない時は処罰を受けることがあります。

 

東日本大震災発生の際には、消防団からの避難要請に従わなかったり、避難の準備に
時間を要したために現場を離れるのが遅れ、消防団の方を巻き添えにした例があります。

 

一部の人の我儘や備えの不足が、他人の命までも失わせる結果になります。

 

日ごろから備えを防災セットを備え、貴方を助けに来てくれた人の指示に従って、速やかに
避難できる体制を作っておきましょう。

 

消防団

 

 

 

ディフィンドフューチャー

 

雑誌

 

 

大変難しい地震の予想

 

阪神・淡路、東日本に続いて、九州熊本と大分で大きな被害をもたらす震災が発生しました。
お亡くなりになられました皆様のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災れました皆様に
お見舞いを申し上げますとともに、一刻も早く皆様の生活が元に戻りますようにお祈り
いたしております。

 

今回の2016年熊本地震は、4月14日のM6.5、震度7の日奈久断層のズレによる前震に端を発し
翌々16日午前1時25分ごろ布田川断層のズレによる本震がM7.3、最大震度7の規模で
発生しました。

 

熊本地震震度分布

 

実は今まで、この布田川・日奈久両断層を震源とするM7.0クラスの地震の発生確率は、
30年間で0.8%とされていました。
現在警戒されている東海地震の87%、東南海地震の60%、南海地震の70%と比べると、
極端に低かったのです。

 

その様な状況で発生した今回の震災、全国にある活断層の実態が完全に把握できていない
現状では、同じ規模の地震がいつ・どこで起きてもおかしくないのです。
また、今回の震災が他の活断層に及ぼす影響も、専門家ですら解らないという事を責める
こともできません。

 

さらに、地震空白地帯と言われていた鳥取県西部で発生した、山間部を震源とする鳥取県
中部地震は、積雪に備えて頑丈な作りの家屋が多かったことから、生き埋めになった人は
いましたが、救助され、死者は0だったものの、地震空白地帯の存在を否定する地震となりました。

 

現代の技術でもコントロールすることができない自然災害ですが、その発生を止める
ことは無理でも、発生した時に自分や家族の命は自分達で守る対策を講じておく必要があります。

 

皆さんの記憶の中には、阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災、熊本地震
そして、長崎大水害、鹿児島大水害、九州北部豪雨、関東・東北豪雨、さらには
東北、北海道への相次ぐ台風の上陸・・・

 

まさに

 

 

から

 

 

時代になりました。
自分と家族の命を守る、防災セットの準備が必要です。

 

地震の備え
震度予想分布

 

 

防災セットの用意

 

東日本大震災の後に、災害発生後の「3日間は自分で生きる」ことを政府は提言しています。
なぜなら、巨大災害直後にすべての人を救出し、支援することはどうやっても不可能
だからです。
そのために、一人1組、用意しておくべき物が「防災セット」です。

 

私たちも人に頼り切って準備を怠り、自分や家族の死や怪我を国や自治体のせいにしても
取り返しがつかないことを理解しています。
そして、そのために必要な飲料水や食料の量、機材も指針として発表されていますが、
自分の身に置き換えて、きちんと防災セットを準備している人が少ないのが現状です。

 

避難状況

 

昔から「非常持ち出し袋」として、懐中電灯や蝋燭、健康保険証や預金通帳、
印鑑といった貴重品を一つの袋に入れてまとめておくことが推奨されていました。
しかし、阪神淡路大震災によって、それだけでは自分の命を守る対策ではない
ことがはっきりしたのです。

 

東日本大震災や、熊本地震を教訓として活かすために、非常持ち出し袋だけではなく、
命を守る対策をきちんとしておくことの大切さがよくお分かり頂けたことと思います。
お亡くなりになれた方の魂に報いるためにも、確実な防災セットを準備しておくことを
おすすめします。

 

数ある防災セットの中から、口コミで広がる「ディフェンドフューチャー」は、防災士の資格
を持つ店長が中身を厳選した、質・量ともに最高ランクの商品です。
自分と家族の命を守るための必需品として、家族一人に一つ備えをおすすめします。

 

デフェンドフューチャー
デフェンドフューチャー2

 

災害による死を自分のこととして受け止め、自分のことにしない意識改革が必要です。

 

デフェンドフューチャー価格
デフェンドフューチャー割引

 

防災セット【ディフィンドフューチャー】は、被災者の声を形にし、防災士が認定した、「衣・食・住」に必要な33種類、
39点の「3日間生きる」ための最高評価の防災セットです。

 

デフェンドフューチャー特徴

 

5年保証

 

 

 

 

↓↓↓どんなグッズが入っているか?最高の防災セットの中身が気になりませんか?↓↓↓

 

ディフィンドフューチャー

 

 

 

 

気になる最強防災セットの中身は何が入っているの?

これがあれば3日間、自力で生き延びられる!

口コミで広がる最高評価のおすすめ防災セット

「ディフェンドフューチャー」の中身はこれだ!

 

防災セット ディフェンドフューチャーの中身

 

最強の防災セット「ディフェンドフューチャー」には、災害発生から3日間を
生き延びるための、次の33種類、39アイテムが収められています。

 

 

ダイナモLEDライト・ラジオ

 

どの防災セットも、共通して揃えているのが懐中電灯とラジオです。
ダイナモで発電するタイプのLEDライトとラジオを兼ねました。
停電の際の明かりと情報の確保の必需品です。
ソーラーでも手動でも充電できます。

 

ラジオ

 

 

アルファ米×3

 

防災セットの中身でも、3日間生きるための最も大切なものの
一つが食糧です。
1日1食、おにぎり2個分、最低限を確保しています。

 

また、アレルギー体質の方は、必要に応じて中身をアレルギー
対策品位交換しておく必要があります。

 

アルファ米

 

 

モーリアンヒートパック×3

 

他の防災セットにほとんど含まれていないものがこれです。
少量の水があれば発熱します。
同梱のアルファ米などを温めて食べることができます。

 

ヒートパック

 

モーリアンヒートパックの使い方はこちら
                                       出展:You Tube

 

 

エアーマット

 

避難先で下が硬くて眠れない時に助かります。
場合によっては、公園などの屋外で横になることも考えられます。
体を冷やさず、労り、休めて、体力を温存させましょう。

 

エアマット

 

 

5年保存水 500ml×3本

 

防災セットの中で、命をつなぐ一番大切なアイテムが3日分の飲料水です。
飲料水以外の雑用水は、同梱の水タンクを使ってためておきましょう。
一番肝心なのが、「水対策」です。

 

水

 

 

アルミブランケット

 

小さく畳めるこの薄さと軽さで、信じられない暖かさ
ひょっとすると、毛布以上!?

 

アルミブラケット

 

アルミブランケットの使い方はこちら
                                       出展:You Tube

 

非常用トイレ

 

防災セットに入るように、段ボール組み立て式ではありません。
ライフラインの水が止まっても、絶対に必要なものです。
清潔に使えるタイプです。

 

トイレ
トイレの使い方

 

 

その他の中身

 

軍手・ホイッスル・ロープ。万能ナイフ・レインコート・絆創膏・ウエットティッシュ・マスク
アルミブランケット・ウォータータンク・簡易トイレ・ラップ・多機能リュック・IDカード
収納ポーチ・カット綿・綿棒・三角巾・テープ・包帯・カイロ・レジャーシート・歯ブラシ
ID用紙・micro USBケーブル・Lightning

 

その他アイテム

 

災害発生直後の危険に晒された命を守り、さらに3日間を生き延びるための
必要な中身が揃っています。
その心強さと信頼性が、口コミで広がり、支持されている防災セットが、ディフェンド
フューチャーです。

 

 

 

 

ディフィンドフューチャー

 

Amazonで揃えてみた

防災セット「ディフェンドフューチャー」の中身を、Amazonの中から
できるだけ近いものを選んで、単品で揃えてみました。
いったい、おいくらになったのでしょうか?

 

防水リュックサック      1,780
ラジオライト(手回し充電)  2,864
アルファ米(白米×5食)   1,354
ヒートパック3枚入り     1,095
エアマット          1,091
保存水(500ml×3本)    486
ウォータータンク(10L)   419
アルミブランケット       378
簡易トイレ          1,185
万能ナイフ          1,380
ホイッスル           183
レインコート          220
レジャーシート        1,080
ロープ            1,580
携帯用救急セット       1,980
歯ブラシ            180

三角巾             648
カイロ              30
ラップ             399
ウエットティッシュ       177
マスク             597
軍手                30
----------------------------------------------
合計          19,136

 

 

「ディフェンド・フューチャー」買った方が、手間がかからず、安い!

 

 

ディフィンドフューチャー

 

 

自分や家庭の都合で加える

2週間を生き延びる

 

防災セットで3日間を生き延びたら、次は2週間を目安に考えてみましょう。
避難所に救援物資が届き始めてからも、見落とされていたり不足が伝えられたり
したものです。

 

女性や子供、は成人男性に比べて必要なものでも、言い出しにくいものが多く
あります。
防災セットの中身だけでは、2週間の生活は適いません。
特に赤ちゃんを抱えたご家族は、必要なものがたくさんありますので、プライベート
な災害対策も必要です。

 

ディフェンドフューチャーの防水リュックには、余裕がありますので、個別に必要な
アイテムを追加できます。

 

防災セットディフェンドフューチャーに含まれているものは除外しています。

 

自分で追加したい物

 

生理用品

生理用品・オリモノシート

 

 熊本地震で避難者の女性から最も声が上がったものです。
 もちろん、3日間のうちに必要になることもあるでしょう。
 自分が日ごろ使っているものから、小分けして入れておきましょう。

 

 

 

 

 

粉ミルク

粉ミルク

 

 まだ授乳中の赤ちゃんがいるご家庭では必需品です。
 3日分も確実に入れておきましょう。
 特にアレルギーを持つ赤ちゃんの粉ミルクの場合は、救援物資の中に
 ほとんど入っていないため、重要な対策です。

 

 

 

マジック

油性マジック

 

 避難した後、自宅に伝言を残すときや、救援物資の仕分け
 作業に必要なものです。
 太い線で書ける油性のものがおすすめです。

 

 

 

 

メモ帳

メモ帳

 

 避難所で掲示される情報をメモするほか、係の人に意思を
 確実に伝えるのにも役立ちます。

 

 

 

 

 

付箋紙

付箋紙

 

 避難所の掲示板などに、必要なものをリクエストをしたり、
 自分の意思を示すのに大変役に立ちます。
 ある程度の大きさがあるものがおすすめです。

 

 

 

 

筆記用具

筆記用具

 

 伝達事項をメモしたり、相互の意思の疎通、書類の記載に
 必需品です。
 油性のボールペンと鉛筆があれば良いでしょう。

 

 

 

 

キャンプストーブ

キャンプストーブ

 

 お湯を沸かしたり、調理するのに大変便利です。
 携帯電話が充電できるものが16,000円前後で販売されて
 います。
 家族に1台あれは大変助かります。

 

 

 

菓子

お菓子

 

 お子さんが泣いたり騒いだりしたときの対策に、気分を落ち着かせたり、
 大人でも甘いものの補給は疲れを癒すと同時に、エネルギーの補給
 にもなります。
 中でも缶入りサクマドロップスは、振ると音がするため、建物や瓦礫の
 下に閉じ込められた際に、自分の存在を知らせることができます。
 防災セットには是非入れたい中身です。

 

 

 

絵本

おもちゃ・絵本

 

 こちらも恐怖体験をして精神的に不安定な状態にあるお子さん
 の気を紛らわせるために効果的です。
 たくさんの人との共同生活となる避難所では、大変助かります。

 

 

 

 

ビニール袋

ビニール袋

 

 大きなゴミ袋は、ゴミをまとめるだけでなく、穴を開けて、雨風をしのぐ
 ポンチョの代用にもできます。
 小さなものは汚物を一時的に保管しておくのに必要です。
 赤ちゃんのおむつや生理用品を捨てる時に、中身が見えない様、
 着色されたものも便利です。

 

 

新聞紙

新聞紙

 

 これほど便利なものはありません。
 体に巻くと風を通さないため暖かく、人に見られたくない
 ごみを包んで捨てたり、火を起こすときに使用したり、
 使い道は実に幅広いものです。
 防災セットの中に1日の朝刊程度があると便利です。

 

 

ライター

ライター・マッチ

 

 今までの震災では、避難所に行かずに自宅の庭や公園に
 テントを張って避難生活を送っている方がたくさんいらっ
 しゃいます。
 火を起こすときの必需品ですが、ライターは誤って発火
 しないように、確実にロックが効くものを選びましょう。

 

 

缶詰

缶詰・レトルト食品

 

 カレーなどの温めるだけで食べられて、おかずになる食品は、
 日持ちもして避難所ではものすごくありがたいですね?

 

 

 

 

 

小銭

お金

 

 携帯電話が繋がりにくくなると、今では少なくなった公衆
 電話が威力を発揮します。
 また、稼働している自販機から、飲み物を入手できるため、
 100円玉と10円玉で1000円程度を用意しておきましょう。
 また、1000円札も家族一人当たり3000円程度用意して
 おけば、交通機関が動き出した時に、移動しやすくなります。

 

ふりかけ

ふりかけ・海苔

 

 レトルトの白米はあるが、おかずが無い時に便利です。
 特にお子さんは、味があるものが無いと、なかなかご飯を食べて
 くれません。
 小袋に入った物を数種類入れておくことをおすすめします。

 

 

 

 

体を守るためのもの

 

避難の途中や、避難完了後の余震に備えて、自分の体を守るために
準備しておきたいものがこちらです。

 

 

 

ヘルメット

ヘルメット

 

 工事現場や防災用具で一番かさばるものがヘルメットでした。
 しかし、今では折りたたみの商品が開発されて、携帯に便利に
 なりました。
 自分の頭を守るために、ぜひ準備しましょう。

 

 

 

 

手袋

安全手袋

 

 けがを防止するために、補強された作業用の手袋です。
 避難の際に行く手を阻むがれきなどを撤去する際に
 大変便利です。
 また、防寒対策としても使用できます。

 

 

 

 

インソール

踏み抜き防止インソール

 

 倒壊した建物のガラスや釘を踏み抜かないための安全
 インソールです。
 東日本大震災時も、被災者の方が最も困ったのが、
 木材から突き出た釘や、散乱したガラスの破片でした。
 普段履いている靴に入れて使用できますので、自分の靴に
 合ったサイズを準備しておきましょう。

 

 

 

チャーミスト

消毒用アルコール

 

 なくても特に困らなかったという声もありますが、水が不足
 する避難所では便利だったという声もあります。
 また集団生活ではウイルスによる感染症も懸念されます。
 ここではアルコール系より、ノロウイルスやインフルエンザなど
 すべてのウイルスに効果がある次亜塩素系をおすすめします。
                   無味無臭の殺菌剤 チャーミスト

 

 

 

 

準備しておいたけど使わなくて済んだもの

 

非常持ち出し袋とともに準備しておいたけど使わなかった
ものもあるようですので、ご参考までに・・・

 

下着

使い捨て下着

 

 入浴できない状況では、女性は男性に比べて不潔になりがち
 ではありますが、オリモノシートやナプキンで充分だったと
 いう意見もあります。
 また、使用済みのものをたくさんの人がいる場所にゴミと
 して捨てることにも大きな抵抗があるようです。

 

 

ご家族すべての防災セットに加える必要はありません。
お菓子や絵本はお子様用の、踏み抜き防止用インソールなどは、
大人用の防災セットなど、必要に応じて同梱しておきましょう。

 

それぞれ、ご家庭の環境に合わせて防災セットに加えてみてください。

ディフェンドフューチャーの口コミ

最強防災セット ディフェンドフューチャーの高い評価

 

デフェンドフューチャー口コミ
デフェンドフューチャー評価

 

これは便利な防災セットです。4star

 

必要最低限のものが入っていると思うので、後は個人的に必要なものを買い足して入れておけば良いです。
個人的に救急セットは良いと思いました。
余裕がある大きさのポーチに入っているので、細かいものも追加できるうえに、広げた時に中が見やすくて使い
やすそうです。
全てのものを入れると、リュックは少し重いように感じますので、小さな子供には不自由な気がしますが、追加
購入したものは大人のリュックに入れておけば済みます。
防水リュックということですが、生地も薄く、本当に大丈夫かな?という心配はあります。
一つ一つを全て買いそろえると面倒な上に、忘れているものがあっても困るので、これはとても良い防災セットです。
これで対策は万全とは言えませんが、付属のマニュアルを読み込み、いざという時に役に立つものにしたいです。

 

 

初めて防災セットを購入しました。5star

 

子どもが生まれたので、今までより一層の責任を感じて防災セットを購入しました。
手回しのiPhone充電器が欲しかったのですが、ディフェンドフューチャーは、中身にソーラー、手回し、USB充電
対応のものが入っていたのが購入の決め手になりました。
食品などは、もちろん最低限の3日分なのですが、赤ちゃんに対応するものを買い足して補充すれば、十分
対策になると思います。

 

 

生き抜く術です。4star

 

東日本大震災の状況を見て、いつかは揃えなければ・・と思っていたものの、忙しさにかまけていました。
九州在住なので大きな震災とは無縁だと思って、油断していたこともあります。
そんな時、春の熊本大分地震が発生し、その後の報道で九州の活断層が取り上げられたため、
やっと本腰を入れて、防災セットを購入しました。
家族4人なので、4つ購入しましたが、子供たちは地元を離れますので1つずつ持たせます。

 

中身は満足ですが、リュックの生地の薄さが気になります。
防水加工のようですが、ジッパーの部分から中に染みる可能性がありそうで、マイナス1にしました。
生地だけが防水ではなく、全体の機能として防水対策されていると良いです。

 

 

離れているので5スター

 

長距離トラックの運転手です。
家族と離れて暮らす時間が長く、何かあってもすぐに帰ることができないため、家族5人分購入しました。
自分の分は常にトラックに積んでいますが、大雪で立ち往生し、長時間閉じ込められたニュースを見て
いると、これがあれば安心だと思いました。
あとは缶詰やレトルトのおかずなど、少し買い足して入れておきます。
地震や台風だけではなく、大雪にも頼もしい防災セットです。

 

 

他人事でしたが

 

大雨災害の映像で、避難者の方が「あっという間に水が来た」とお話しされているのを見ました。
今までそんな経験は無いのですが、水位が上がり始めてから貴重品や水、食料をかき集める
時間が無いのだと分かったので購入しました。

 

幸い使う機会はありませんが、家の前に川があるので、大雨が降ると保険証や通帳、印鑑も
一緒に入れて、避難の準備をしています。

 

 

 

お求めはこちらからどうぞ

 

ディフィンドフューチャー

 

リンク集

更新履歴