災害 伝言ダイヤル

災害用伝言ダイヤルを活用しよう

災害用伝言ダイヤル

 

「災害用伝言ダイヤル」をご存知ですか?

 

地震や水害、土砂災害などの大きな災害が発生したときに運用される、伝言ダイヤルです。
家族や親戚、知人の無事を確認したいけど通話規制がされているなどで通はできないときに
伝言を預かって相手に伝えるサービスです。

 

NTT

 

NTTコミュニケーションンズが提供し、運営はNTT東西によってなされているので、ほとんどの
回線で手続き不要の無料で使用することができます。

 

電話番号は全国共通 局番なし171

 

 

使用できる電話は・・・

 

●NTT東西の一般加入電話(ダイヤルパルス・プッシュ回線のどちらでも可。
 ただしダイヤルパルス回線でトーン信号 (DTMF) を出せない場合機能制限あり。)およびISDNの電話回線

 

●KDDI 「メタルプラス」

 

●ソフトバンクテレコム「おとくライン」

 

●J:COM 「J:COM PHONE」

 

●公衆電話

 

●各社携帯電話・PHS

 

●緊急通報用電話番号対応の0AB - JのIP電話 : NTT東西の「ひかり電話」など

 

 

伝言の残し方はこちら  伝言の聞き方はこちら

 

 

災害伝言ダイヤル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯電話災害用伝言板

 

NTTの災害用伝言ダイヤルとは別に、携帯電話会社は独自に「災害用伝言板」を運営しています。
日本語のほか、英語でもメッセージを残すことができます。

 

ご自身で契約している携帯電話会社の災害用伝言板については、下記をご参照ください。

 

●NTTdocomo災害用伝言板

 

●au災害用伝言板

 

●softbank災害用伝言板

 

 

電話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

適切な避難
大きな自然災害が発生しそうな時、「避難勧告」や「避難指示」が発令されます。それが発令されたときの適切な「避難」って、いったいどうしたら良いのでしょうか?
防災地図記号
大災害発生時に、避難先として指定されている場所が地図や看板で示されています。 その意味を理解して、自分や家族の命を守るために活かしましょう。
避難場所と避難所
大きな災害が発生した際の報道でよく聞くのが、避難場所や避難所とう言葉です。 もし、自分が被災した時に、この言葉の意味の違いを知っておくことは大切なことです。
ヘルプマークとカード
「ヘルプマーク」をご存知ですか?表から見えない体や心の障害を持っている方が持つ、「助けてほしい」との意思を表示するマークです。 これが災害時の避難とどの様に関係するのでしょうか?