支援物資 見落とし

ここに気付く貴方の優しさ

忘れがちな物資

 

大きな災害が発生した際、食料や水など、緊急に必要な物資は国や近隣の自治体が態勢を整えます。私たちの優しさは、
防災セットにも入っていない、救援物資からも見落とされがちな支援物資を拾い上げることです。実は、こんなものが
必要でした。

 

 

乾電池

 

乾電池

 

 停電が続く中、被災者の方が少しでも安全に生活し、情報を得る
 ために必要な懐中電灯やラジオですが、電源をONにしたままです
 と、電池は早く消耗します。単1〜単4までの新品を数本ずつ入れ
 ましょう。

 

 

 

 

アレルギー用粉ミルク

 

粉ミルク

 

 粉ミルクは非常用として備蓄している自治体がありますが、アレ
 ルギーをもつお子さん用の粉ミルクは見落とされています。また、
 被災地のドラッグストアなども、正常に営業ができる状態ではな
 い事が予想され、お子さんの命を危険にさらす可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットフード

 

ペットフード

 

 被災して避難生活を送る方の中には、ペットを連れて避難所へ行き、
 車内で生活を送る方もいらっしゃいます。また、盲導犬や介助犬な
 ど、生活のパートナーとして働いているペットとは呼べない犬達が
 います。そんな動物たちにも、当然ですがご飯が必要です。

 

 

 

 

 

 

 これらの物資を送る際には、できるだけ個人で送らずに、お住まいの自治体での募集に参加し、自治体を通して送る
 ようにしましょう。物資を募集している自治体では、事前に仕分け作業を行って、被災地の手間を省いたり、まとめて
 送ることができるため、より効果的な提供が可能です。

 

 

 

 

ディフィンドフューチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集

見落としがちな支援物資記事一覧

送るときに気をつけよう大きな災害が発生した時に、全国から集まる救援物資ですが、途中の輸送ルートの確保はもちろん、受け取る被災者側にも対策が必要なことが浮き彫りになりました。こんな物資は必要なものですが、相手のことを少し考えるだけで、受け取る側の被災者の皆さんに必要な物資が早く正確に届くための対策になります。中古タオル・バスタオル 災害現場や避難所では、大量の雑巾が必要になります。絶対に無くて はな...

送ってはいけない物資皆さんが心を込めて被災地へ送った支援物資の中には、被災者の皆さんやそれを受け取る窓口の人が困るものがあります。送る方は助けたい、役に立ちたいという気持ちで送っているのですが、これが現地の状況が詳細に分からない事の悲しさなのだと思います。古着 最近は芸能人をはじめ、古着にこだわって服を選ぶ人が増えてきました。しかし、災害発生時は、たとえ洗濯済み の衣類であっても、親戚や近所の知り...