支援物資 禁止

支援物資としてふさわしくないもの

皆さんが心を込めて被災地へ送った支援物資の中には、被災者の皆さんや
それを受け取る窓口の人が困るものがあります。
送る方は助けたい、役に立ちたいという気持ちで送っているのですが、これが
現地の状況が詳細に分からない人の悲しさなのだと思います。

 

 

古着

 

 最近は芸能人をはじめ、古着にこだわって服を選ぶ人が増えてきました。
 しかし、災害発生時は、たとえ洗濯済みの衣類であっても、近所や知り合い
 の子にお下がりを譲るようなつもりで古着を送ってはいけません。
 まだまだ圧倒的に古着を好まない人の方が多いのが現状です。

 

古着

 

 

ホテルのアメニティ

 

 ビジネスホテルやシティホテルに宿泊した際に、使わずに持ち帰ってくることが
 あるのがアメニティーです。
 中にはシャンプーや石鹸、歯ブラシ、カミソリ、などがありますので、それを
 たくさん溜めている方はつい送ってしまいがちです。

 

 しかし、これは1つ当りの容量が少なかったり、2回ほどしか使用できなかったり
 しますので、その後はゴミにしかなりません。
 避難所のお風呂は、大きなお風呂に大勢が入浴することになりますので、
 細々したアメニティより、大きなポンプタイプのシャンプーや、大きな石鹸が
 好まれます。

 

 また、歯ブラシなどもある程度長期間使用できる耐久性のあるものが望まれて
 います。

 

 

アメニティ

 

 

 

 

ディフィンドフューチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

 

 

 

リンク集

関連ページ

気を付けなければならない支援物資
支援物資の中には、必要なものですが送る際に注意しなければならないものがあります。 どんなもののどんなところに気を付ける必要があるのでしょうか?