避難場所 避難所

避難場所と避難所はこう違う

避難場所と避難所ってどう違うの?

 

災害が発生して、避難が必要になった時、私たちはどこへ向かえば良いのでしょうか?
多くの人は避難場所や避難所を目指すと思います。
しかし、この2つの言葉の意味を理解しておかなければ、食料や飲み物、生活用品
などの支給を受けることもできなくなります。

 

避難場所

 

身を守るために避難する場所

 

広域避難場所

 

緊急避難場所

 

大きな公園や緑地など、屋外に設定されている場合が多く、飲料水や
食料などの備蓄はされておらず、当然宿泊する設備もありませんが、
近年では仮設トイレや仮設テント、かまどなどの設置が進んできました。
正式には「緊急避難場所」と言い、あくまでも緊急的な位置づけです。
津波の恐れがある時は、海浜公園へ避難してはいけません。

 

 

 

 

一時避難場所

 

一時避難場所

 

広域避難場所と同様、緊急時に避難する場所として設定されていますが、
広域避難場所や避難所へ行く前に、地域住民が集合する場所として
定められており、一時集合場所とも呼ばれています。
比較的小規模の公園や広場、最近では津波タワーなどが設定されています。
ここで、ご近所の方の所在確認などを素早く行い、助け合って避難しましょう。

 

 

 

 

避難所

 

避難生活をするための、地域住民の場所

 

避難所

 

被災者の方が、ある程度の期間に亘って避難生活を送る場所で、その地域
住民ために設定されています。
学校や体育館が選定されており、食料や飲料類をはじめとする救援物資も
避難所に配布されます。
災害が落ち着いたら、避難場所から避難所へ、安全に気を付けて移動
しましょう。

 

 

 

 

トップページへ

リンク集