野菜不足

野菜不足の実態

現代人の野菜不足

これは、野菜を食べる量が減ったことももちろんですが、野菜に含まれる
栄養素そのものが大幅に減少していることが原因です。
『日本食品標準成分表』による栄養素の含有量は、1950年に比べて2015年は
1/6にまで減少しているものまであります。

 

その原因は、現在の野菜が「旬」に関係なく、いつでも食べられるように
ハウス栽培で多量の農薬や化学肥料を使用して作られていることにあると
言われています。
自然とはかけ離れた、人工的とも言える環境で、見た目だけきれいに
実った野菜は、昔と比べて栄養価が格段に減少しています。

 

含まれている栄養素が少ない野菜でさえ、食べる量が減っている現在、
「野菜不足」は当然と言え、結果的に微量で良いはずの栄養素まで
不足している事態となりました。

 

この微量栄養素が不足してくると、貧血や味覚障害、視力低下、失明
脚気、口内炎、てんかんなどの症状が現れ、日常生活に支障をきたす
程の障害が現れます。
また、食物繊維の不足は、万病の元と言われる便秘の原因です。

 

これらを防ぐためには、野菜不足の解消は絶対に必要なことです。
しかし、現在の栄養素が少ない野菜では、1日に必要な栄養素を摂取
するためには、かなりのボリュームが必要になります。
様々なサイトで紹介されている写真を見ると「厳しい」でしょう?




 

 

 

野菜栽培方法比較

リンク集

野菜不足の実態記事一覧

昔はなかったものに「サプリメント」があります。今ではドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニからディスカウントストアなど、あらゆるお店で販売されており、2015年の市場規模は1兆6000億円に手が届きそうなほどです。日本では、1996年にアメリカからの外圧によって規制緩和され、販売が可能になった、このサプリメントなぜこんなものが必要になったのでしょうか?最大の原因は、食品が持つ栄養価の大幅な減...