ネズミ 特性

注意するべきネズミの特性

ネズミの特性

 

ネズミを駆除して、被害を出さないために、ネズミの特性を理解しましょう。

 

 

繁殖

 

ネズミ算式と言われるほどにあっという間に数が増えるネズミ、その繁殖を含めた
特性について理解してみましょう。

 

 

時期

 

ネズミが繁殖する時期は、春と秋の年2回、3月〜5月と、9月〜11月です。
人や家屋への被害が増えるのは、繁殖時期と、終了後の1ヶ月、つまり、1年の半分以上は、
ネズミの被害に遭う可能性があるということです。
しかし、都会のビルの中では常時空調が効いているため、ほぼ1年中繁殖します。

 

繁殖時期

 

 

繁殖力

 

ネズミは多産の動物であり、一度の出産で5〜9匹の子供を産みます。
産まれた子供も、3〜4ヶ月で出産可能となるため、ネズミ算式と言われるほどの爆発的な
繁殖をします。

 

出産

 

 

寿命

 

個体によって異なりますが、概ね1〜2年程度生きますが、1年しか生きない個体でも、
その間は多ければ20匹程度に増えることになります。
ペットのハムスターの寿命が概ね2〜3年と言われていますので、野生のネズミが暮らす
環境がいかに問題があるかお分かりでしょう。

 

 

行動

 

ネズミは生活集団同士で縄張りを持ち、その中には絶対に他の集団を入れません。
また、縄張りの周辺に行動圏を持ちます。
一つの集団は、雄ネズミ1匹に多数の雌ネズミと、その子ネズミたちで構成されているため、
雄の親ネズミを追い出すことができれば、集団のネズミは一緒に居なくなります

 

また、最も活動する時間帯は、人間が活動しない時間帯である夜間ですが、人影が
無い場所では昼間でも活動します。

 

 

 

目や耳など感覚器官が非常に発達しており、警戒感が強い動物です。

 

ネズミが害獣である所以は、細菌やウイルス、ダニの媒介によって人の健康に大きな
影響を与えることと、硬いものをかじることにあります。
これは、門歯が一生伸び続けるためで、放置しておくと前歯で口がふさがれて物を食べる
事ができなくなり、餓死してしまうからです。
猫の爪とぎと同じ理屈で、伸びた門歯を削っていますので、そのために家の柱をかじるなどの
被害がでます。

 

また、古い集合住宅では貯水タンクの中でネズミが死んでいることもありますが、体は
溶けて尻尾だけ残ります。

 

 

環境

 

ネズミを定住させない環境を作ることは、非常に大切なことです。
ネズミに目を付けられるような場所に食べ物をおかない等、環境改善から始めましょう。

 

ネズミは何も食べないでいると、3〜4日で餓死します。
また、低い気温の中でも生きることが厳しく、10℃以下では動けなくなり、冬の屋外では
生きていくことができません。

 

食べ物や生ごみの管理を行い、ご近所皆さんでネズミガードを使用することで、広い範囲
からネズミを一掃することができます。

 

 

 

ネズミにも、他の動物と同様に嫌いな音があります。
小さな体ですので、捕食者となる天敵も多く、それらが出す音はネズミを寄せ付けません。

 

この特性を活かしたのが、超音波ネズミよけ「ネズミガード」です。

 

 

 

▼▼▼ネズミを寄せ付けない超音波の公式サイトはこちら▼▼▼

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集