ネズミ 種類

人に危害を加えるネズミの種類

ネズミの種類

 

人の健康や住環境を脅かす害獣、ネズミの主な種類と特徴です。

 

ネズミには1300〜1800の種類があると言われており、ハムスターやカピバラのように
人に飼い慣らされた種類もありますが、家に侵入する迷惑なネズミには、代表的に
次の3種類があります。

 

ドブネズミ

ドブネズミ

 

 体長は約20〜28cmと、比較的大型のネズミです。
 性格は凶暴で、人を咬む恐れもあります。
 後ろ足が発達しているため動きも俊敏で、水辺に近い
 場所を好み、泳ぎも得意です。
 雑食性で床下や下水管、土中にいます。
 1年中繁殖しますが、春と秋にピークとなります。

 

 

 

クマネズミ

クマネズミ

 

 体調は約15〜25cmで、木登りや綱渡りもするため、
 ビルや天井裏などに住みます。
 他に棚に中にもいて、穀物や野菜などを食べます。
 夜行性で、警戒心が強いため、なかなか姿を現しません。
 夏が繁殖のピークです。
 殺鼠剤に強い個体が存在します。

 

 

 

ハツカネズミ

ハツカネズミ

 

 体長は約6〜9cmと、小型のネズミです。
 クマネズミと同様に穀物や野菜を好みます。
 ミッキーマウスやトムとジェリーのジェリーのモデルとなった種類です。
 クマネズミに比べると、あまり悪いことはしませんが、菌やウイルスを
 媒介することは同じです。
 1年中繁殖しますが、春と秋にピークとなります。

 

 

 

 

トップページへ

リンク集