加齢臭 洗濯物 臭い

お洋服やお布団にも加齢臭が!そんな悩みに洗濯補助洗浄剤 魔女っ粉

お洋服やお布団にも加齢臭が!そんな悩みをお持ちの方に
洗濯補助洗浄剤 魔女っ粉

 


魔女っ粉

 

 

魔女っ粉のパワー

 

このデータが示す確かな作用をご覧ください。
これが正しい加齢臭の消し方と言えるでしょう。
疲労臭も汗臭も足臭も、そして加齢臭も!気になる体臭の全てを
強力に消臭します。

 

試験消臭

 

疲労臭:体に疲労が蓄積することによって、肝臓や腎臓の働きが弱くなり、本来は排泄されるアンモニアが
     血中に混入し、汗と共に分泌されて発する臭い。
     おしっこのような臭いが体臭に混じる。

 

汗 臭:夏の汗かきの人は酸っぱい臭いがするという人がいます。
     顔汗や手汗など、「エクリン線」から分泌される汗は、乳酸を含んでいるためだと考えられていますが、
     その汗も、放置しておくと他の雑菌が繁殖して、異なる臭いに変化します。

 

足 臭:足の常在菌が、高温多湿の環境の中で角質や垢、汗を分解して作り出す「イソ吉草酸」の臭いで、
     これは、悪臭防止法で指定されている強烈な臭い物質で、アンモニアの1/20,000の量でも、その
     臭いを感じ取れます。

 

加齢臭:中高年くらいの男女から発せられる独特の匂いで、人によって、蝋の様とか、古本の様とか言われ
     ており、個人差がありますが、原因物質は皆さん同じ「ノネナール」です。
     両耳の後ろや首、胸元や背中など、主に上半身を発生源とします。

 

 

加齢臭ってなに?

 

加齢臭というのは、主に中年以降の男女にみられる特有の体臭の俗称で、
30代〜40代の男性にみられる独自の体臭は、いわゆる加齢臭の主成分
ノネナールとは異なることが発見されたため、機能性香料のメーカーに
より区別しておやじ臭などと呼ばれる場合があります。

 

そうなんですよね?確かにおやじからしか感じない独特な臭いって
ありました。
しかもその臭いがする人は、全員が共通してその臭いなんですよ!
臭う!というより直球で「臭い!」と言った方が早いアノ臭いです。

 

ということは、働き盛りの30代〜50代の男女とも、おやじ臭とは違う
加齢臭
を放っている人がいるということですね?
今まで、おじさんの臭いだと思っていたものが、実は女性からも臭っていました。
言われてい見れば、確かに女性からも加齢臭を感じることがあります。

 

 

移って残る加齢臭

 

身体から臭いを発しているわけですから、当然衣類やお布団、枕などの
長時間身にまとっているものはその臭いを吸収していると思いませんか?
いくら気を付けて身体を清潔にしていても、お洋服やお布団が臭いを発
するようになっていては、また翌日その臭いを振りまきながら通勤し、
お仕事することになってしまいます。

 

昨日もお風呂に入って耳の後ろをゴシゴシ洗ったのに、今朝はもう臭ってるとか、
そういえばお布団を干しても何か臭いといった方、いらっしゃいませんか?

 

特に衣類に染みついた残留加齢臭は、お洗濯の洗剤の香りや、コロンの香り
と結びつくと、予想外の悪臭になってしまいます。

 

魔女っ粉

 

 

残留加齢臭対策

 

そんな方へお奨めの商品が衣類やお布団への残留加齢臭を除去するための
「洗濯補助洗浄剤 魔女っ粉」です。
昔から加齢臭の原因「ノネナール」に有効とされていた柿タンニンを主成
分に、ヨモギ、ローズマリー油、蓮抽出物、サクラ抽出物、笹エキス、
蕗エキス、ごま、の天然由来成分、さらにフミン酸、硝酸塩、炭酸塩
の加齢臭に有効な成分を配合しました。

 

これらの成分がもつミネラルやアミノ酸が、悪臭の成分を分子レベルでイオン吸着
分解します。
いつもの洗剤にスプーン1杯加えて頂くだけで、衣類に染みついた残留加齢臭を
きれいに洗い流して消臭してくれるのです。

 

また、寒い季節でも通勤途中の電車内は満員なのに加えて、暖房が効いており、
思いのほか汗をかきます。
お布団も毛布に冬用掛布団で、寝ている間も汗をかくのはご承知のとおりです。

 

厚手のお布団は、ご家庭でのお洗濯は難しいのですが、最近ではお布団が丸洗
いできる洗濯機を備えたコインランドリーが増えてきました。

 

お布団の残留加齢臭いが気になる方は、一度持ち込んで、洗剤にスプーン1杯
加えてみてください。

 

お布団も、間もなく冬布団から夏布団に交換する季節です。
押入れから出して臭いが気になる方は、是非こちらからお申込みください。

 

魔女っ粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯補助洗浄剤 魔女っ粉は、界面活性剤、

蛍光剤、漂白剤は一切含んでおりません。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

加齢臭の季節

加齢臭と言えば、多くの方が頭に浮かぶのが次の2つでしょうか?

 

●年配の男性
●夏

 

いやいや、実は違います。
「加齢臭は1年中」気を付けなければなりません。

 

春の加齢臭

 

春は人にとってストレスが溜まりやすい季節です。
ストレスの原因は、気温の変化、花粉症、そして環境の変化など、1年中で最も多い季節が春です。

 

気温の変化は、「暖かくなってきたな〜・・・」とホッとしているかも知れませんが、体は無意識なストレス
を受けています。

 

花粉症については多くの人が悩み、心身ともに大きなストレスとなります。

 

環境の変化については、年度末に向けての仕事の繁忙期、進学や就職、転勤に伴う転居と、大きく
変わる人がたくさんいます。

 

このストレスは、細胞の老化と同時に、体内の活性酸素を増加させてしまう働きがあり、活性酸素は
脂肪酸の増加を産み、それは加齢臭の原因物質であるノネナールの素となります。
転勤先で「今度来た○○さん、臭いよね?」と言われないように、加齢臭対策が必要です。

 

また、春の終わりには毛布を外して冬布団を夏布団に交換します。
半年間使った毛布や冬布団は、押し入れにしまう前にお洗濯が必要です。
衣類も同様に、加齢臭を消すようなお洗濯をしてから、衣替えするようにしましょう。

 

転勤

 

 

夏の加齢臭

 

暑くて暑くて誰でも朝から晩まで汗をかき、皆さんが汗の臭いを気にする季節です。
しかし、暑さのためにかく汗はエクリン線から分泌
汗の臭いを気にして、制汗や消臭対策をしているので、実は加齢臭はあまり気にならない季節と
されています。

 

しかし、それは根本の対策ではなく、誤魔化しているに過ぎないのかも知れません。

 

特に猛暑の夏は活性酸素も発生しやすく、暑さや睡眠不足、またエアコンによる急激な温度の
変化もストレスとなっています。

 

寝苦しい

 

 

秋の加齢臭

 

夏の暑さから解放され、冷暖房が要らない時間が長く、気持ちの良い季節です。
気分的にも落ち着いて、食べ物も美味しい季節です。

 

しかし、加齢臭に一番注意が必要な季節が、実は秋です。
特に、寒暖差が激しかったり、台風や大雨などによって大きな災害が発生すると
そのストレスは強大なものになり、体のリズムが乱れます。

 

また、そのような時の汗はアポクリン線から分泌される粘りのある汗で、脂肪酸が
多く含まれるので、加齢臭の原因となります。

 

また、布団も冬布団に変わり、衣替えの季節でもあることから、春と同様に残留加齢臭対策が
必要です。

 

手汗

 

 

冬の加齢臭

 

冬に汗はかかないものですか?
自分の体験ではかなりかきます。

 

駅で乗り込んだ電車は、必要以上に暖房が効いていることがあります。
乗客が増えるに従って社内の温度も急上昇!
でも、通勤通学の時間帯は満員で、コートを脱ぐことも難しい状態です。

 

駅でホームに降りた瞬間から、頭から湯気が出ている人を見かけたことがあります。

 

また、年末に向けて多忙になる中、手のひらの汗もアポクリン線からの分泌物です。

 

厚着

リンク集